「失敗しないM&A」がここにある

近年、団塊の世代の引退も多く見られ、今や大企業だけのものではないM&A。「会社を買収したい」と考える中小企業の経営者も少なくありません。買収のメリットは、何といっても成長戦略達成がスピーディーな点にあります。ゼロから事業を立ち上げるよりはるかに早く収益が見込める、言わば「時間を買うことができる」手法なのです。買収する際のポイントを押さえて、M&Aを成功に導きましょう。

M&Aを成功させるには

「なぜ買収するのか」M&Aの目的を明確に

買い手企業にとって、M&Aの目的は成長戦略における手段のひとつであり、決して買収そのものが目的ではありません。「この会社を買って、我が社はどうなりたいのか、何がしたいのか」を明確にすることが、M&Aを成功させる第一歩です。

  • ◆規模を拡大させるため
    市場で勝ち残っていくためには、規模の拡大が非常に重要です。M&Aによって他社の営業基盤やノウハウを取得し、シェアを大きく増やすことができます。
  • ◆事業を強化するため
    競合他社の先を行くために、自社の持っていない経営資源を持つ企業を買収し、お互いの強みを融合させて相乗効果をめざします。
  • ◆新事業へ進出するため
    新部門の設立となると、相当な時間とリスクを覚悟しなければなりません。すでにその事業を行っている企業を買収し、時間をかけずに事業参入を図れます。
  • ◆足りないものを補い合うため
    近年、買い手企業が優れた技術力や人材を有するベンチャー企業を買収する動きが活発化しています。ベンチャー企業側は買い手企業の営業販路や資金で更なる成長が期待でき、買い手企業はベンチャー企業の技術力や人材を自由に活用することができます。
こうすればM&Aは成功する

成功のカギは「育成」と「信頼」

M&Aを行う企業を決めるポイントとしては、買収後の展開がイメージでき、相乗効果が期待できるか、企業風土や企業文化が自社と大きくかけ離れていないかなどを見ましょう。良好なM&Aに向けての準備には、以下の点を考慮してください。

  • ◆一緒に成長していきたいと思われる企業に
    通常の場合、売り手企業の提示価格と買い手企業の希望価格とは開きがあります。なるべく安く買収したいと値切り交渉に持ち込むより、明確な投資判断基準を売り手企業に提示した上で今後の事業計画を伝えましょう。「この会社に任せたい」「一緒に成長したい」と売り手企業に考えてもらうことで信頼関係が生まれ、M&A成功の可能性が格段に高くなります。
  • ◆買収後のことも考慮した資金繰り
    M&Aにかかる資金は買収資金だけではありません。追加の投資金や運転資金などが必要になる可能性も考慮しておきましょう。
PAGE TOP