中小企業のM&A 譲渡価格はこう決まる
企業価値に絶対的な評価方法はない

M&Aにおける企業価値とは、売り手企業が自社に価格をつけるならいくらか、という考え方で、企業が持つすべての価値を金額で示したもののことです。

中小企業のM&Aの場合、まず売り手企業があり、その企業の提示する仮の譲渡金額があります。そこから、その会社を買いたいという買い手企業との交渉を重ね、最終的に合意した価格が売り手企業の譲渡価格です。

中小企業の譲渡価格は特に、決断のタイミングや交渉力、的確な買い手企業との出会いなどの要因に大きく左右されます。売り手企業、買い手企業のベストなマッチングを図ることがM&Aスペシャリストの責務と言えます。

自社の「相場」を知り、価格を決めよう

中小企業のM&Aでは、主に以下の計算式で評価額を算出し、相場を知っておくとよいでしょう。

時価純資産 + 営業権(のれん) = 企業評価額

時価純資産・・・時価評価資産から時価評価負債を引いたもの
営業権(のれん)・・・企業が有する無形の価値。ノウハウや営業販路など、収益を生む無形の要因を指す

近年の傾向として、営業権(のれん)の価格はつきづらい傾向にあります。M&Aの現場であまり人気がない業種の場合、ゼロもしくはマイナスという可能性もあるため、業界の動向には常に注目しておくとよいでしょう。

PAGE TOP